スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   2010.11.27

テーマ:インド - ジャンル:海外情報
チョリッス
久々の更新っす
まぁ近況報告を兼ねたお話的なものを今日は3つ程お話できれば



「地獄のミサワ」


勉強していると仲良くなった奴と喋る機会がある。
しかしその中には本気で地獄のミサワみたいな奴がいたりするのだ!曰く
「俺ってさぁ東大じゃん、それでさぁやっぱり将来日本を背負う立場っていうかぁ、やっぱり[責任]っていうものがあると思うのよ、そんな身としてはやっぱり官僚とか目指してみるのが一番かなぁって思って…///」
…ネタにしても香ばしい奴である、ていうか本当に地獄のミサワ喋りする奴がいたとは!
思わず「お前ってジョニーデップに激似だよな」とボソッと突っ込みをいれてしまったのはご愛敬。
そして何故か俺の隣の奴が爆笑、多分彼とは仲良くなれるはずである。


「祖父が家に遊びに来た時のお話」

祖父が家に来て八ヶ岳で撮ってきた写真を見せに来てくれた。
祖父の写真は本気で綺麗なので「こういう色遣いが日本にはあるのか!!」と背景好きの身としては
興味深いものが。
自分もインドでのことを話していると何故かガンジス川の話に
「ガンジス川って本当に汚かったですよ!動物の死体とかありましたし…」
と言うと祖父がふっと遠い目になり
「しゃーけど日本にもそんな時代があったんやで、今でこそ綺麗にしてあるけど戦後はなぁ…あの頃はよく農家に行って野菜買うたで」と語るじーさん
…重すぎますorz


「ポーランド」

先生「本日の討論は核密約の件です、では始め」

ドイツ、ロシア、ポーランドと組む

独「まぁ色々不公平感とか国民感情を無視したって考えはあるけどしゃーないよね」

俺、ロシア「「まーな」」

ロシア「これがなかったら沖縄返還されなかったかもしれんし」

俺「じゃ、{仕方ない}の満場一致ということ「待ちなさい」

独、露、俺「?」

そこには何故か凄く不機嫌なポーランドの姿が

ポ(不機嫌)「あなた達の国は大国だから{しゃーない}ですましちゃうのよ!これはアジア全体に関わる重要 
       な問題じゃないの!?だったら他国にも公開するのが当然の対応と思うのだけれど?」

独「えー、でも」
ポ「WWⅡ(ボソッ)」(ポーランド侵攻)
独「すみませんでした…orz」

露「」(何か言う前に)
ポ(ギロッ)
露「ごめんなさい!!」(長年弾圧)

ポ「全くあなた達は大国の采配次第でもみくちゃにされる国を考えたことは無いのかしら!もっと周りに気を配 
  るべきよ!」

日、露、独「おっしゃる通りでございます…」

結局わが班はポーランドの意見になりましたとさ






スポンサーサイト

インド&ネパール旅行 現地生活編   2010.10.09

テーマ:インド - ジャンル:海外情報
目が覚めるとお外が真っ暗でした。
しかも大学から5件くらい着信が
「お前履修届出さずに何やってんの?死ぬの?」
というお叱りが。
完璧に忘れてました。
成績表も今見たところです…
日本に帰って来た途端にこれだよ!
(どーでもいいですが帰って来た成績表が全て「秀」で
密かにほくそ笑んでます)


とまぁ愚痴はさておき今回はインド&ネパールでの生活文化を紹介してみたいと思います
 

第一「食事編」
P9131351.jpg
Mutton curry(羊肉)
カレー、その一言尽きる
カレー味じゃないものが食卓の上に並ばないなんてありえねぇ!ひゃあ!
インド人はカレーが好き!とかいうレベルじゃない
体はカレーで出来てんじゃないの?というぐらいカレー三昧
最初の一週間ぐらいは「まぁこれも異国文化か」ぐらいの気持ち
しかし二週間目からは飽きます、確実に(僕はこの時期異様に日本食が恋しくなりました、正直夢に出ました)
三週間過ぎるともはや観念します、悟りの境地です。ここからインド料理の神髄が始まるような気がします。
まぁ色んな味があるのでどうぞ皆様方もインドに行った暁にはお試しあれ
しかし僕はインド式カレーを後半年は見たくない
いや不味いくはないですよ、むしろ旨いものも沢山あります
ただ、カレーは、もう、いい
勿論スプーンが出ない時は右手onlyなのです



屋台編

P9081236.jpg
P9151356.jpg
P9111329.jpg
ところ構わず建てられてる屋台
果物、服、チャイ、雑誌、スナック等などバリエーション豊富です。
まぁ来たばかりの日本人が食うと高確率で下痢になりますがね
油ものは得体の知れない変な油使用、果物には虫集りまくり
日本人の方で腐ったラッシーを食ったばかりに手術するはめになった人がいたり等。
要注意が必要なのは確かですが、「慣れれば大丈夫だよー」と言いながらもっしゃもっしゃと
屋台のスナックとヤシの実ジュース飲み食いしてる女傑の方もいらっしゃいましたので
一度くらいお試しになってはいかがでしょうか?
ちなみに僕はその言を信じ、試したところ一発で下痢になりました
女傑さんが笑いながら薬をくれました
情けなっ

しかし数ある屋台で一番驚いたのは何といってもこれ↓


P9241516.jpg
※画像はネパール

鶏じゃん。しかもlivingじゃん。
みなさーん、好奇心に勝てず一羽購入してしまった間抜けがここにいますよー
おっさんが「なんだこいつ」という視線をよこしながらも僕の目の前で鶏を絞め…
いや、ちょっと待て
メッチャ暴れてるんですけど、鶏
しかしおっさんは慣れた手つきで こう、ぽくっ と
「ほらよ」と鶏(dead)を手渡すおっさん
その後に残されたのは鶏片手にどうしたものかと悩むアホの姿だったいう…
ちなみに買ったチキンは滞在先の人に頼んで料理してもらいました
食べる前は勿論「いただきます」を忘れずに
これまでの人生の中で一番実感こもった「いただきます」でした


トイレ
P9211483.jpg
このトイレは非常に綺麗なトイレです
ひどいのになると虫と格闘しながらトイレをしなければならないので…
トイレットペーパー?
そんなもんねぇよ
手で拭くだよ、手で
右の方にある桶を右手に持ち、巧みに左手にかけながら尻を拭うのです
高級ホテルなんぞに行くとちゃんと西洋式のものが用意されていますが
学生が泊まるような所には紙は普通置いていません
いやぁ、慣れたら慣れたで中々おつなもんですよ、これ
紙よりも肛門がすっきりするというか何と言いますか
トイレ水文化の人達が何故紙にしないのかが分かるような気がしました


今日はこの辺で
ではでは




帰国   2010.10.07

帰国したぞー
一ヶ月留守にしていただけなのに日本にカルチャーショックを受ける俺
「あれ?日本ってこんな感じだっけ?」のオンパレード
これが年単位ならばどうなっていたことやら…

日本に帰国してから一番強く思ったことは
「日本の町並みってこんなにごちゃごちゃしてんだ…」
という感想が一番強かったですかね
(旅行の最後の方はヒマラヤとその周りの雄大な風景見ながらホゲーっと過ごしていたから
かもしれませんけど)
まぁ、そういったモヤモヤした感覚は後で書き連ねるとして、一路我が家へ

日本の家の電球って本当に眩しい
あっちでは停電や節電が常のためそっちに慣れてきた目には
つろうございました、今でも違和感バリバリです。
しかし温水シャワーと湯船は本当に嬉しい
何しろ山の上の低温下の環境の中でもずっと冷水シャワーだったもんで
体が臭い臭い(母に指摘されて初めて気づきましたけど)
温水シャワーなんて何週間ぶりだろうか?
あとカレーがない食事もな!(カレーに関してはもはやトラウマ一歩手前)

まぁあんまり長々とやっててもあれなんで写真を数枚はっ付けて今日は終りにします。
ではでは

P9091319.jpg

P9171402.jpg

P9171411.jpg

P9241513.jpg

P9211503.jpg

P9241521.jpg









   2010.09.20

生きてるって素晴らしい
もうパソコンも日本もアニメも見れないと覚悟した瞬間がありました
マジで殺されかけて殺す覚悟を決めなければならない場面があるとは
助けてくれた日本人とインド人にマジで感謝
命あってなによりなのぜ

でも今38度の高熱と下痢が併発中
寝返りうつだけで涙が出るほど痛い
咳がとまらねぇ

あー、ラーメン食べたい
コロッケ食べたい
生姜焼き食べたい
うどん食べたい
焼き肉食べたい
日本米が食べたい
豚カツ食べたい
お茶を飲みたい
味噌汁が飲みたい
なにより日本語で馬鹿話がしたい
異国でかかる病気がこんなにつらいものとは
そして病気の時までカレーのインドにはもはや敬服の念しか抱けない

   2010.09.13

やべーやべー、完璧に日本語忘れてた
一昨日の記事を見て日本語の出来の悪さに唖然となったよ

まぁそんなどうでもいいことは置いといて
インドといえばカレー!カレーがおいしい!カレーを食べなきゃインドじゃない!

…と思ってた時期が僕にもありました

正確には
カレーがうまい×
カレーしかない○

おぅ…インド人って本当にインド料理(カレー)しか食わないのね…
普段から中華 洋風 和風を幅広く食べるジャップからしたらアンビリバボーですよ…
しかも辛いのに水を飲まないというオマケ付き、「マオは良く水を飲むのね」なんて言われる事もしばしば
これがあと二週間かぁ…肛門が熱くなるな


今のところアルとニダに間違われることはあんまりありません
一回だけマザーテレサハウスでニダーに間違われたくらいで後は
「jAPANESE?」と普通に聞かれたり
「コンニチワ!ドコカラキタノ?トウキョウ?オオサカ?」と付きまとわれます 
japaneseは強く断れないし、泣き寝入りするタイプが多いのでマジで鴨っぽい
でも逆に何かチェックされる時等は素通りです、むしろ冷淡に「さっさと行け」みたいな感じです
インド人は外に居る人(屋台等)と中に居る人(オフィサー)との間で温度差がありすぎるのぜ


また今日も帰ったら英語の絵本を大声で読まされる仕事が始まるお…

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。