TOP > 2009年12月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   2009.12.30

今日も今日とてゼミの勉強会へ
大晦日?
関係あるか!

で、ふとした拍子に同人誌の話になった。
1人の一般人の方が
「同人誌の意義って何だ?なんであんなにくそ高いんだ?」
と僕に訊きました

僕は考えなしに
「オナニーでしょう、色んな意味で」
と答えました。世の同人作家に大変失礼すぎる答えである。


ちなみに、隣に女子が座ってることを思い出したのは言ってから数秒後でした☆


今日の教訓「考えてモノを喋れ」




スポンサーサイト

   2009.12.29

なんだか絵って唐突に描きたくなる。
テスト期間中、勉強中、クソつまんねー授業中は勿論のこと。

感動した時とか、感情を激しく揺さぶられた時には特に描きたくなります。


「描きたいから描く」なんて感情は、それはもう昔のご先祖様から
続いてる感情な訳で、普遍的な感情なのではないか。

それにしても先人達はどんな表情で壁に絵描いてたんだろうね?
案外、妄想しながらハァハァと描いてたのかもしれん
無論そんな歴史は大好きだ!


多分、話の腰が360度ぐらい折れてたと思う。
もしかして普段勉強しているパースとかデッサンはそんな時に
上手く・自分らしく表現するための下積みに過ぎんのかもしれんと納得した

なんでこんな話になったんだ?



メリクリ☆   2009.12.25

  ,' /
     i .l
.    | 、
    、.\ ヽ
      、 \ . ヽ ._
         丶.   ‐  _
           ` ‐ _  (^o^)( ^o^)
                  (ー(,, O┬O
                   ())'J_))
    「クリスマス、オワタ?」


    「ハジマル前からオワてたよ」

   2009.12.24

妹が神道と仏教の違いが分かって無かったでござるの巻き

妹「神道ってヨーロッパから来たのか?」


さすがに無いと思った。


末法の世ですぞ!末法の世ですぞ!








   2009.12.21

あえて言おう。
ポッポざまああああああああああぁぁ!!
支持率下がってくやしのうwくやしのうw



頭っていうのは使わないと腐っていくばかりだけど
使い過ぎても余計なプライド生むから始末が悪い。
緩急が大切なのです。

   2009.12.17

最近、自分が頭でっかちになってきている事をひしひしと感じます。
どうやら人は物事に多分に慣れてくると
知らず知らずの内に自分の中に「ルール」をつくってしまうようです。
なまじ中途半端に物事を知ってるが故にそのルールに捉われすぎるようになり
そのルールから外れたりすると不快になったり、拒絶感を覚えるようになったりするみたいです。

その点、素人観点というのは非常に面白いものがある。
素人というのは何も知らぬが故に発想自体が自由であります。
よってその道の者が「いや、それはちょっと・・・」と思うような事を平然とやりとげて
結果を出してしまう。
どうやら僕は気づかぬ内に前者になっていたようです。
それに気がついた時の失望感といったらなかったですがね。

あーやだやだ。ほんと年なんて取りたくない。
なんで年とってくると当たり前の事を忘れて見栄とか張っちゃうんだろ?
糞ったれの老害め。


よし、今度の休みには天野こずえのイラスト画集を買いに行こう!






   2009.12.15

今日は汚沢さんが「憲法勉強しろ」っていうから憲法勉強したいと思う。
ていうか汚沢さんの理論おかしくね?
天皇陛下って国事しかやっちゃだめなんじゃねーのか
今回の訪問って国事といえるのか
しかもお前内閣の一員じゃねーし
そもそも内閣にそこまでの権限ねーし
僕みたいなチンピラ法学部生でもいろいろとツッコミたい気分なのに
本職からみたら噴飯ものじゃないんだろうか

どーでもいけど地下鉄乗るたびに「九条」を「きゅうじょう」って読んでしまいます
「四条」は「よんじょう」ってな感じで
これって職業病ですか

六法の重さにはいつまでたっても慣れません

   2009.12.13

年末ももう間近になってまりました。
即ちバイトの時期であります。

バイトの内容としては至ってシンプル
年賀はがきの裏面をphotoshopやらその他の画像ソフトを使いまくって
綺麗に仕上げるだけ!
はっきり言ってその辺のバイトとは比べものになりませぬ
なにせパトロンが親戚なので、おこずかい感覚でお金を頂ける訳ですな。
これはおいしい!

漫画部に入っててよかったと思える瞬間であります
なにせ色の扱い方とか、魅せ方とか、ソフトの使い方とか
そういったものをなんやかんやで何度も悩み続けてる訳で。
人生何が役に立つかわかんないね。

   2009.12.12

最近ゼミの活動がうまいこといきすぎてなんか怖い。
お偉いさんから目茶苦茶褒められたり、新聞の取材が決まったり(二回目)等
大会に優勝してからというもの、偉く扱いが変わりました。複雑な気分です。

ちなみに現在は
僕らの政策提案が民生委員会の理事会から大好評を頂いたので
それ用のプレゼンを作ってる最中でし
またプレゼン地獄が始まるお・・・

まぁ、それだけではなく
地元の市では僕らの政策提案が至る所に出回っているらしいです
話が大きくなって非常に喜ばしい限りでございます。
ついでに就職場所も決まったら万々歳なんですけどね!


12月、1月には既にいくつかの自治体にいくことが決定してるので
今月、来月は地獄と化しそうです
クリスマス?苦しみますの誤訳だろ?


賀東はフルメタ終わらせてから新刊書いてヨ
いや、面白かったけどさ

   2009.12.11

ある日の会話

「いやー、先生。僕実は公務員めざしてるんすよー。
 で、○○市も受けようと思ってるんす」

「おぉ、○○市は先進的で非常におすすめだぞ!もしお前が行くんなら
 俺が責任持って出世させてやるわー」

「え?まじすか」

「まじ、まじ」

「・・・」



第一志望自治体の誕生である

   2009.12.08

sunバス
彼は終始笑顔だった。
これから自分が食べられるにも関わらず、だ。
まるでそれが自分の役割であると知っているように、
そして食べられることこそが幸せであるといったように、
彼は最後の最後まで笑顔だった




脳が8つぐらいあったらいいのに。
今時CPUでも4つあるっつーの

   2009.12.07

dsahki.jpg

昨日の22時に寝て起きたら夕方4時だった
18時間ぐっすり寝て体力回復なのぜ

えー、昨日書いた事実上の最高賞である「京都府知事賞」です。
知事が直接審査した訳じゃないけど知事賞です

思えば去年、知事に直接プレゼンをした縁があるので
不思議な縁だなーと思っております
(何か審査員の方にそれを言ったら目茶苦茶びっくりしてた、結構すごいことらしい)
まあ、ゼミの先生のコネとOBのコネがあってこそな発表だった訳ですが
今回のコンクールは自分達自身が掴み取ったものですので、まぁその辺は
誇ってもいいかなと
・・・新聞にも載ったし、京都府で就職する分には有利になるのかしらん

ゼミの先生といえば、もうひとつのゼミ。
先生がついに密約の件で本格的に国に呼び出されたらしい。


うーん、僕の周りの先生って実はもの凄いんじゃないだろうか?

   2009.12.06

※長いしグダグダ


今日、すんなりと朝に起きれたのは全くの僥倖といってよかった。
というのも度重なる徹夜と会議で身体と精神が殆ど摩耗しきっていたからだ
しかし、今日は単なる通過点とはいえ、大きな通過点だ。おちおち眠ってもいられない。

朝食。自分で紅茶を淹れる。
茶柱がたった。
今日はいい日になるかもしれない
そんな予感があった。


ゼミの連中と合流して会場を目指す。
みんな満身創痍の有様だけど目はしんでなかった
道中みんなはあまりしゃべらず、確認をするのみだった


会場はスーツ姿の学生で一杯だった。
やはり政策立案学科をもっている大学の参加が非常に多い
全52グループの中で僕の大学から参加したのは僕らを含めてたった2グループのみだった
そのグループも僕らのゼミの仲間だ
「だからどうした」と自分に言い聞かせて受付に並ぶ


受付をすますと部屋に案内された
どうやらテーマ毎に会場が分かれるらしい。
ドラマのワンシーンにでてくるような会議室だった
既に第一発表者が準備をしていた。


10時、第一発表者の学生達が一礼して発表を始める
発表は医療の先発薬の流通に関する政策提案だった
話が専門的すぎて結局なにが言いたかったのかわからなかった


第二発表者
50過ぎのおじさんがたちあがった。
どこかの先生かと思ったが、発表者だった
なんでも社会人兼院生をやってるらしい
世の中は広いなと思った
でも内容が不十分で結構審査員に叩かれてた
ちょっとかわいそうだった


そして次はいよいよ僕らの番である
睡眠時間とカフェインの結晶の証であるパワーポイントを起動させ
発表者に合図を送る
長くて短い30分の始まりだった




発表が終わり、質疑応答に移った。
審査員は一言だけ
「凄いな、いや・・・他にいうことがない」
とだけ言ってくれた
細かい質問はあったもののスムーズに班員が答えた
良い感じだった


結論から言うと僕らは事実上の一位をとった
最後に僕らの大学の名前を呼ばれた時は嬉しいというよりも
脱力した感じが強かった
その次にくるのが達成感と勝利感
僕らは数多くのグループを制し、優勝したのだ
きっと満面の笑顔だったと思う


勝利というものはいいものだ
あの瞬間を味わえるのならこれまでの疲れなんて吹っ飛んでしまう
だが、余韻を味わっている暇はない

次の本番に向けて頑張りたいと思う

   2009.12.04

「徹夜」という言葉になんの違和感も持たなくなってきた今日このごろ
通学時間は超熟睡モードです、気がつけば「あれ、ここどこ?」

さて、今週末に政策立案コンテストに参加する訳ですが
この全国大会、決してちんけなものではございません
出場大学も有名大学、大学院の法学部生が目白押し
テーマも福祉から下水道の処理方法までなんでもござれの
まさしく政策立案の全国大会。
こいつに入賞できれば自治体にプレゼンする時(こっちが本番)に箔がつく、懸賞金ももらえる、履歴書に書ける
のまさに一石3鳥。
当然、生半可な政策提案じゃ壇上にすらあがらせてもらえません、それ程厳しい戦いなのです。
で、「俺達の1年間の成果を見ろ!」
とばかりにこいつの準備をしていたために10月と11月がまさにぶっ飛んだ訳で・・・


・・・


・・・すいません
12大落としました



いや


だって


締切七日って
言ってたじゃん


・・・


ほら、僕部会にも行ってないし


・・・


・・・


・・・



・・・ごめんなさい





«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。