TOP > 2010年01月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   2010.01.31

政策提案しにいく

フムフムと頷き、理解を示しているのかと思う

質問を受ける

「あれはねー、ヤクザが絡んだりしてるからねー」                     
「その辺の対策どう?」

( ^p^)!? かんがえてませんでした・・・

「で?君達はどこを担当してくれるのかな?」
↓ 
(;^p^)!? (ぼくたちがやるのですか)

「そもそも私達は何をすればいいのかな?」

(;^p^)・・・・・・。(りかいしていませんね)



これ全部実話。

あと
「似たようなことやってる」
「考えておく(丁寧な断り)」等
様々なパターンがございまーす。
なくぞ、これ。

学生なのにもはや気分は営業!
試されるコミュニケーション能力!
売り込み先の辛辣な質問をうまく切り返せ!
商品に掛ける情熱や理念を駆使してどしどし商品を売り込んじゃえ☆
りーまん(笑)


全国のお父さん、今日もお疲れ様です。



スポンサーサイト

   2010.01.27

          ____
       / \ 菅 /\  キリッ
.     / (ー) (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \    子ども手当の乗数効果は0.7程度消費に回されると予想される
    |      |r┬-|    |   
     \     `ー'´   /   
    ノ            \
  /´               ヽ

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \ 
    |   (__人__)    u.   | クスクス>
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ

         ____
<クスクス   /       \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ




あれはひょっとしてギャグだったのだろうか。
「この程度のことも分からないのに政治主導とか寝言いってんじゃねーよ」という
身体を張った新たなギャグだとしか思えない。

   2010.01.25

テスト前ですがゼミが終わりません
むしろこれからが山場です
さらば単位、こんにちはダメ人間

今日は役所に乗り込んで話を聞きにいきました。
話聞きに行っただけなのに何故かあちらさんの手元には僕らの製作した資料が。
「地域振興課からの方から回ってきたんですよー」と答える担当の人
京都市全体に回ってるて本当だったのかよ
ネタ半分に聞いてたのに
ちょっと嬉しかった。

しかし良い所はそれだけである
後は悲鳴と沈黙、恐らく数日間は「うわぁあぁぁぁあ」となる悲劇の幕開けである。

質問タイム、確かにそこまではよかった・・・!なにせこちらは攻める側・・・!
思う存分に・・・無遠慮に・・・容赦なくあちらを追及することができる!
だが・・・問題は逆質問の時!
「あなたが父親になった時に法学部的見地から児童福祉法をどう見たいと思いますか?」
なん・・・だと・・・。
こんな質問は全く!これっぽちも!予想していなかった・・・!
抽象的!その質問は余りに抽象的・・・!
混乱する頭・・・!回らない口・・・!
そして余りにも的外れな回答・・・!笑いに包まれる会議室・・・!
屈辱・・・!圧倒的屈辱・・・!

面接のやばさを肌でかんじました。
誰かお願い。
俺と面接の練習しようぜ
いやお願いします

多分このネタで向こう一週間は悶える自信がある。

   2010.01.25

新渡戸稲造の武士道を読んだ。
ずっと不思議だった「なんでこの人お札なの?」って疑問が解決した。

なんか幕末~明治時代にかけては偉人のバーゲンセール
だからこそ「江戸、明治時代の日本こそ真の日本である!昭和?平成?そんなものはない」
な人が多いんだろうなぁ
でも江戸、明治はガチでやばい
同じ国の人間とは思えなかった。



   2010.01.20

100120_1303~01100120_1303~02
※この写真が繋がってると一瞬思ったあなた、パースを勉強すると愉快になれます。

一度あったら友達でー♪毎日あったら兄弟さー♪
ひなちゃん的には人類皆兄弟っぽい。

今日は初めて授業で三人揃いました。
その後カップヌードル・焼そばUFOのホワイトシチュー味を購入。
しそ味みたいなきわものを予想していたのに案外普通だった。
むしろ旨い部類に入るぐらい。

食べてる最中ひなちゃんがしきりに「皆でビデオ見ようぜ!」と興奮しまくってたが
これに対し、うめきちは「こうしてる間にも100万円の損害が出てるんだぞ!」と謎理論を展開
株にでも手を出したのだろうか、だとすればうめきちには日航株を是非お勧めしようと思う。
ジローは終始「帰りたい」とうわ言を繰り返すだけであった。
別にいつものことなので問題はない。
ひなちゃんが無事にビデオを見れたかは誰にもわからない。


ゼミグループからはもはや修羅場の空気しか漂ってこない。
つまり汗とカフェインと熱気、そしてあの独特のイライラ感である。
女のメールからはどんどん絵文字が消滅していき、皆の口調もどんどん他人に厳しく
なっていき、ついには悪口と愚痴が横行しだすあの雰囲気である。
つまりむき出しの自分が現出するのである。
高慢
矜持
能力
思いやり
理念
気力
性格
相手の人間性が瞬時にわかってしまうこの時期は一種の人間ドラマの様である。
普段愛想良くしてる女が実はものすごいプライドの持ち主であることもある
ズボラに見える男が実は完璧主義者であることもある
外見は冴えないが、喋らせてみれば猛烈な勢いで語り出す奴もいる。
このように皆が一斉に長所と短所を見せあうのである。
はっきり言えば目茶苦茶面白い。
下手な糞ドラマより余程面白い。
その人物の真価は追いつめられたときにこそ発揮すると実感できる光景である。
しかし悲しきかな
この他人の長所と短所を冷静に、そして客観的に判断できる人は非常に少ない。
何故なら大抵の場合は人の短所に目に行くからである。
人の長所を探すという行為は「自分が他人よりも劣っている点」を再確認する作業であり
自分にないものを他人に見出す苦痛な作業でもある。誰だって自分が劣っていると認識するのは
嫌なことである。また、プライドが、「俺があいつに劣るはずがない」
という全く根拠のない自信が他人を評価、特に長所を見つけだす作業を困難にしているのである。

これは人の不幸だと僕は思うのだ。
誰にだって長所はあり、短所も持ち合わせるものなのにその長所をみようとせずに短所ばかり
発見するという不幸さだ。何故長所を発見しようとしないのだろうか?何故その長所を取り入れようと
しないのか?これは自身へも向けたメッセージでもある。
人の悪口ばかりを言う奴がいる、基本的に人を乏しめるのは楽しい作業であるからだ。
確かにそれは認めなければなるまい。
しかし、その悪口が自身へも跳ね返ってることに気づいてる人はいったいどれぐらいいるのだろうか。


人は短所長所の両方を持つということは周知の事実だが、これを客観的に理解し運用できるの者が「リーダー」
と呼ばれるべきであると僕は考える。無論、リーダーは相当のカリスマ性を持ち、理念を持っていることも
必須条件である。はっきり言えば頭の良さは二の次である、難しいことは有能な副長や周りの人物に任せておけ
ばよい。なんでも1人で出来る奴など絶対にいないのだから。
組織運営に必要な人材はリーダー、副長の他にはクッション役がいる、俗にいう「ファシリテーター役」である。
いくらリーダーや副長が有能であっても所謂「ついてこない」、「ニート」といった人物や諸々の愚痴は必ず出
てしまうものである。そこで必要になってくる人材はその不満を吸収し、幹部と一般構成員の橋渡しを行う人物
である。
「ファシリテーター役」がいなければ幹部だけがガンガン進み、一般構成員が置いてけぼりをくらうという非常に
まずい事態が発生する。
置いてけぼりを喰らった構成員は幹部が何をやっているか分からない、その間にもどんどん事態やスケジュールは
進んでいく。そしてさらに分からなくなり、最後には付いていくことをやめるのである。
こうなれば組織は空中分解を待つのみである。当然である、手足となってくれる構成員が自分が何をやって
るのか分からなくなってしまうのだから。誰だって訳の分からないことやりたくないし、訳のわからないものに時間
を取られたくない。
人を繋ぎ止められるのは理念や利益といったものであり、それが無くなれば組織に身を置く理由がなくなる。
この「ファシリテーター役」の存在を軽視するのは非常に危険である。
実際に危機に陥ってる俺が言うんだから間違いない。

   2010.01.19

自己分析があまりにも進まないため周りの人達に頼ることにした。
で、早速今日から聞いて回ることにしてみました。

まずはジンベイから聞いてみることに。
「お前はこういう人間なんじゃないか?」という彼なりの解釈をもらうこととなった。
やはり他人の口から聞く自分像というものは非常に面白かったし、自分でも気づかなかった
ことが初っ端から出てきたりと大収穫だった。
やっぱり見られてる所は見られてるもんだ。


次はyas1
彼に「ジンベイからこう言われた」という趣旨を伝えるとyas1はむしろ呆れ顔で
「そんなことにも気づいてなかったのか、バーカバーカ、ウンコ野郎」
とでも言いたげな視線をくれた。
yas1とは平和的に、できうる限り穏便に、後日詳しい話をしたいと思う。


今日は二人にしか聞けなかったけどそれなりに収穫はあった。
二人の話を総合すると
どうも僕は非常に「負けず嫌い」な側面が強いらしいということが判明した。
超驚き。

・・・いや、・・・そうらしいよ?
自信ないけど


とにかく人の視線という者は実に多様なものが見えてるんだな、と実感できたので
まだまだ聞きたいと思います。みなさんよろしくお願いします。


ちなみにユングの弟子が作った自己分析ツールだとかうんとかの噂のアレ。
僕はENFP型でした。
http://www32.ocn.ne.jp/~emina/





   2010.01.17

隣の家が解体工事を始めた。
ガッション、ガッションと五月蠅いし振動も伝わってくるもんだから
早々に目が覚めた。正直勘弁してくれ



今日は民法のお勉強をしに学校へ。
初めは100人超いた公務員講座もいまでは十数人になってしまいました。
寂しいものです。
ついでにものっそい不安です。
「みんな隠れて勉強しまくってるんじゃないだろうか」
「つーか来ない奴とか絶対油断させるつもりだよ!」
とか思ったり。
視えない敵と戦うのはもう疲れたんだお・・・。

それにしても
講座が6時15分に終わるのに次のバスが50分にしか来ないってどういうこと?


↓15年

   2010.01.15

みんなに良い顔をするということはみんなに恨まれる可能性が高くなるということ。
女の「すごーい!!」程当てにならないものはない。
正直な話、チームで仕事をする時はまじめにやってる奴ほど馬鹿をみる可能性が高い。
他人を馬鹿にするなかれ、十分後には我が身である
どう振舞っても必ず不満は言われる。
チームに対して期待はするな、期待は絶対するな。
以上、今日感じたこと。
毎日が通夜みたいな会議なのでテンションが下がりに下がっとる。


進路センターへ就活の相談をしに行と、「自己分析がネガティブ過ぎる」と言われた。
自分を嫌悪しきってる人間にとって就活はきつすぎます。

誰かお客様の中に僕の長所を知ってる方はいらっしゃいませんか。

   2010.01.12

新しく買った携帯君が異様にハイテクでござる。
なんと携帯なのにwi-fi(無線LAN)がついているという機能をお持ち。
これは、「授業中でも高速で2ch、ようつべ、ピクシブ、その他諸々が見れるぜ、フヒヒww」
と喜ぶべきか
「頭悪くなってどうするんだよ・・・」
と悩むべきか。
まぁ、間違いなく後者なんすけどね。


よし、ベネッセの説明会に行こう。

   2010.01.05

この時期になるともはや飲み会が自慢大会になってる件について

俺はこういう形で新聞に載っただの
俺はこういう人に弟子入りしてこんな活動を行ってるだの
俺は学校で最優秀賞取っただの

よくもまぁそんなけネタが出て来るもんだなぁ、と思うぐらいに自慢大会の側面が強いっす。
もはや「俺はこういうことがやりたいんだぜ!」ではなく「お前今までなにしてたの?」
といった結果が求められる立場だということを痛感致しました、はい。

わぁ、恐い。


最近、サブウーハー(スピーカーの一種、ものっそい低音が出る)を買ったので7.1chサラウンドシステム
(フロント、センター、リア、バックスピーカーの左右とウーハーの計8個のスピーカーを使う環境のこと)

イメージ図
91ch_image_04_2.gif

で音楽聞いてたら一発で家族から怒られたでござる。
俺、就活に成功したらホームシアターをつくるんだ・・・。

明けましておめでとうございます   2010.01.01

皆さん明けましておめでとうございます。

去年はインフルエンザとか不況とか人類史的に考えて色々死にたくなる年でしたが
まぁなんにせよ超えられてようございました。

かくいう僕も新型インフルエンザの中、絵を描き殴ってみたり。
授業を二週間ぐらいぶっちして発表に臨んだり。
「人はどこまで徹夜できるのか?」という馬鹿丸出しの試みをしてみたり。(祝 七徹)
等々、忙しい年でございました。


しかし、こういった色んな結果の背景には皆さま方がおられることを決して忘れてはなりますまい。

「勝とう」という意志をくれた部活の方々。
何回も何回も絵を見て、評価して意見をしてくれた方。
ゼミで一緒に頑張ってきた人達。
大会の度に僕以上に頑張って下さった方、フォローしてくれた方々。
徹夜で死にそうな時に黙ってパイン飴を買ってきて下さった方。
愚痴や不満を聞いてくれた方々。
これらの人々無くして結果は出なかった、とはっきり申し上げる事が出来ます。

これから先、例えどんな結果を出しても僕は「成功はみんなのおかげです」と言える
人間を目指したいと思います。


こんなことは当たり前のことなんですが
どうも過ぎた結果というのは余計な矜持や常識を持ってきてしまうようです。
お恥ずかしい限りですが去年でそれを再確認できた次第でございます。
・・・自分を喜ばせるだけの人間では無く、他人にも喜んでもらえる人間になりたいものです


さて!
長くなりましたが本年も本当によろしくお願い致します!







↓(蛇足)↓

装甲悪鬼村正が最高に面白い。
普通に名作だろこれ。
思わず徹夜しちまったぞ。

装甲悪鬼村正 限定生産版装甲悪鬼村正 限定生産版
(2009/10/30)
Windows

商品詳細を見る













«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。