スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   2010.01.20

100120_1303~01100120_1303~02
※この写真が繋がってると一瞬思ったあなた、パースを勉強すると愉快になれます。

一度あったら友達でー♪毎日あったら兄弟さー♪
ひなちゃん的には人類皆兄弟っぽい。

今日は初めて授業で三人揃いました。
その後カップヌードル・焼そばUFOのホワイトシチュー味を購入。
しそ味みたいなきわものを予想していたのに案外普通だった。
むしろ旨い部類に入るぐらい。

食べてる最中ひなちゃんがしきりに「皆でビデオ見ようぜ!」と興奮しまくってたが
これに対し、うめきちは「こうしてる間にも100万円の損害が出てるんだぞ!」と謎理論を展開
株にでも手を出したのだろうか、だとすればうめきちには日航株を是非お勧めしようと思う。
ジローは終始「帰りたい」とうわ言を繰り返すだけであった。
別にいつものことなので問題はない。
ひなちゃんが無事にビデオを見れたかは誰にもわからない。


ゼミグループからはもはや修羅場の空気しか漂ってこない。
つまり汗とカフェインと熱気、そしてあの独特のイライラ感である。
女のメールからはどんどん絵文字が消滅していき、皆の口調もどんどん他人に厳しく
なっていき、ついには悪口と愚痴が横行しだすあの雰囲気である。
つまりむき出しの自分が現出するのである。
高慢
矜持
能力
思いやり
理念
気力
性格
相手の人間性が瞬時にわかってしまうこの時期は一種の人間ドラマの様である。
普段愛想良くしてる女が実はものすごいプライドの持ち主であることもある
ズボラに見える男が実は完璧主義者であることもある
外見は冴えないが、喋らせてみれば猛烈な勢いで語り出す奴もいる。
このように皆が一斉に長所と短所を見せあうのである。
はっきり言えば目茶苦茶面白い。
下手な糞ドラマより余程面白い。
その人物の真価は追いつめられたときにこそ発揮すると実感できる光景である。
しかし悲しきかな
この他人の長所と短所を冷静に、そして客観的に判断できる人は非常に少ない。
何故なら大抵の場合は人の短所に目に行くからである。
人の長所を探すという行為は「自分が他人よりも劣っている点」を再確認する作業であり
自分にないものを他人に見出す苦痛な作業でもある。誰だって自分が劣っていると認識するのは
嫌なことである。また、プライドが、「俺があいつに劣るはずがない」
という全く根拠のない自信が他人を評価、特に長所を見つけだす作業を困難にしているのである。

これは人の不幸だと僕は思うのだ。
誰にだって長所はあり、短所も持ち合わせるものなのにその長所をみようとせずに短所ばかり
発見するという不幸さだ。何故長所を発見しようとしないのだろうか?何故その長所を取り入れようと
しないのか?これは自身へも向けたメッセージでもある。
人の悪口ばかりを言う奴がいる、基本的に人を乏しめるのは楽しい作業であるからだ。
確かにそれは認めなければなるまい。
しかし、その悪口が自身へも跳ね返ってることに気づいてる人はいったいどれぐらいいるのだろうか。


人は短所長所の両方を持つということは周知の事実だが、これを客観的に理解し運用できるの者が「リーダー」
と呼ばれるべきであると僕は考える。無論、リーダーは相当のカリスマ性を持ち、理念を持っていることも
必須条件である。はっきり言えば頭の良さは二の次である、難しいことは有能な副長や周りの人物に任せておけ
ばよい。なんでも1人で出来る奴など絶対にいないのだから。
組織運営に必要な人材はリーダー、副長の他にはクッション役がいる、俗にいう「ファシリテーター役」である。
いくらリーダーや副長が有能であっても所謂「ついてこない」、「ニート」といった人物や諸々の愚痴は必ず出
てしまうものである。そこで必要になってくる人材はその不満を吸収し、幹部と一般構成員の橋渡しを行う人物
である。
「ファシリテーター役」がいなければ幹部だけがガンガン進み、一般構成員が置いてけぼりをくらうという非常に
まずい事態が発生する。
置いてけぼりを喰らった構成員は幹部が何をやっているか分からない、その間にもどんどん事態やスケジュールは
進んでいく。そしてさらに分からなくなり、最後には付いていくことをやめるのである。
こうなれば組織は空中分解を待つのみである。当然である、手足となってくれる構成員が自分が何をやって
るのか分からなくなってしまうのだから。誰だって訳の分からないことやりたくないし、訳のわからないものに時間
を取られたくない。
人を繋ぎ止められるのは理念や利益といったものであり、それが無くなれば組織に身を置く理由がなくなる。
この「ファシリテーター役」の存在を軽視するのは非常に危険である。
実際に危機に陥ってる俺が言うんだから間違いない。

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。